出生前検査

出生前診断を20代が受ける割合は?4つの知っとくべき事!

出生前診断 20代
ムーママ

高齢出産で男の子を出産したムーママ(@moomama120)です。

悩む女性

20代も出生前診断を受ける人はいるの?
受けるべき?

悩む女性

20代でもNIPT検査を受けられる病院はあるの?

そんな、悩みを持つ方が解決できるような記事を書きました。

妊娠中、お腹の中の赤ちゃんが元気に生まれてきてくれるか、障がいや病気はないか不安になる事ってありますよね?

お腹の中の赤ちゃんの状態を検査する出生前診断。

出生前診断を受ける妊婦さんの、年齢別のデーターをみると、20代の妊婦さんと高齢出産の妊婦さんとの割合は大差ありません。

今回、20代妊婦さんへむけて出生前診断について解説します!

この記事では

・出生前診断ってどんな検査があるの?
・出生前診断を受けた20代の妊婦さんの割合はどのくらい?
・出生前診断を受ける前に知っておくと良い事
・条件なしでNIPT検査が受けられるクリニック紹介

\20代の妊婦さんもNIPT検査が受けられるクリニック/

出生前診断って、どんな検査があるの?

赤ちゃん

出生前診断は、お腹の中の赤ちゃんの染色体異常、先天性・遺伝性の病気、奇形がないか調べる検査です。

出生前診断の目的は、生まれる前の赤ちゃんの状態を検査し、もし問題があった場合、赤ちゃんの治療の準備をする事です。

出生前診断、検査の種類

出生前診断には、「非確定的検査」と「確定的検査」の大きく2種類に分けられます。

非確定的検査

・胎児スクリーニング検査(胎児ドック)
・母体血清マーカーテスト
・母体血胎児染色体検査(NIPT)

ムーママ

非確定的検査は、胎児に病気があるかどうかの確率を割り出す検査だよ。

確定的検査

・絨毛検査
・羊水検査

ムーママ

確定的検査は、「疾患がある」「疾患がない」と確定させる検査だよ。

非確定的検査を受けて、赤ちゃんに疾患の可能性があると診断された場合に、確定的検査にすすむのが一般的です。

出生前診断の検査について詳しい内容や、検査ができる時期・金額などは下記の記事にまとめてあります。

出生前診断とは?検査の種類はあるの?メリット・デメリットを解説

出生前診断を受けている20代妊婦の割合は?

20代妊婦さん

20代も出生前診断を受けるべきかな?

ちょっと前までお酒やたばこを吸っていたけど、赤ちゃんに影響ないか心配…。

旦那さんや家族が検査を勧めてくるけど、20代で検査を受ける人はどの位いるの?

ムーママ

20代妊婦さんが、どの位の割合で出生前診断を受けているのか見ていきましょう。

情報サイト【カラダノート】で、出生前診断についてのアンケート調査をしていたので紹介します。

出生前診断を「受けた・これから受ける」ママの割合

年齢を関係なく、出生前検査を「受けた・これから受ける」ママの割合紹介します。
・受けた………7.0%
・受ける予定…10.0%
・受けない……83.0%
という結果でした!

出生前診断の年齢別の割合

出生前診断年齢割合

出生前診断を「受けた・受ける予定」と回答したママの年齢別の割合です。
・10代…8.5%
・20代…45.8%
・30代…42.3%
・40代…2.5%

ムーママ

35歳以上の高齢なママが検査を受けているイメージだけど実際、割合にすると年齢関係なく検査を受けてるね!

お腹の中の赤ちゃんへの心配は年齢関係なく一緒だと、分かる結果だね!

引用元:カラダノート
「知りたいけど怖い…?出生前診断の受診について「受ける予定はない」38.0%

(2014年データー)

出生前診断を受ける前に、知っとくといい4つの事

出生前診断

年齢での出生前診断を受ける割合は、若いママも高齢のママも関係がない事が分かりました。

ムーママ

次に「染色体異常の発生確率」「検査が受けられる条件」など、20代の妊婦さんが出生前診断を受ける前に知っといた方が良い事を紹介するね!

1.染色体異常(ダウン症)が高齢出産の方よりリスクが低い

一般的に、妊娠出産時のママの年齢の上昇と共に、赤ちゃんの染色体異常のリスクが高いと言われています。

母体の年齢ダウン症の子が生まれる頻度
20歳1/1667
25歳1/1250
30歳1/952
35歳1/385
40歳1/106
45歳1/30

上記の数字は、
厚生労働省:「不妊に悩む方への特定治療支援事業等の あり方に関する検討会」より引用しました。

上記の表を見ると、
20歳の妊婦さんが、ダウン症の赤ちゃんが生まれる可能性が1/1667。
45歳の妊婦さんの1/30という数字。
割合を見るとその差は、約56倍ある事が分かります。

ただ、20代の妊婦さんもダウン症の赤ちゃんが生まれる可能性は、ゼロではありません。

この数字を見て、どう捉えるかは人それぞれですが出生前診断を受けるか、悩まれている方はよかったら参考にして下さい。

2.受けるのに条件がある、出生前診断もある

20代の妊婦さんの一部が病院によっては、受ける事のできない検査があります。

新型出生前診断(NIPT)は、出生前診断の一つで2013年に臨床研究として導入された新しい検査です。

非確定的検査ですが、高い確率で胎児の染色体異常の可能性を検出できます。

検査も妊婦さんからの血液を10~20程の採血で終わりで、妊婦さんと赤ちゃんへの負担は、ほぼありません。

ただし、
NIPT検査は、認定施設で検査を受けるには下記の条件があります。

1.胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。

2.母体血清マーカー検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。

3.染色体数的異常を有する児を妊娠した既往のある者。

4.高齢妊娠の者。

5.両親のいずれかが、均衡型ロバートソン転座を有していて、胎児が13トリソミーまたは21トリソミーとなる可能性が示唆される者。

引用元:「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」V-2項より

ただ、20代の妊婦さんでも認可外のクリニックならNIPT検査を、受ける事もできます。

日本全国に35医院のネットワークがある認可外施設、NIPT平石クリニックの公式サイトは下のボタンをクリックすると見れます。

\日本全国にネットワークがある/

3.出生前診断は保険対象外

基本的、出生前診断は自由診療扱いの為、保険対象外です。
そのため、検査内容によっては高額な物もあります。

非確定検査

・胎児スクリーニング検査(胎児ドック)…2~5万円
・母体血清マーカーテスト…2~5万円
・新型出生前診断(NIPT)…20万円前後

確定的検査

・絨毛検査…15万円前後
・羊水検査…15万円前後

ムーママ

高額の検査もあるね。
出産費用や赤ちゃん用品の準備でこれから、お金もかかるよね。
金額もチェックしとくといいね!

検査病院によっては金額が違うから、事前に確認しとくと良いよ!

4.遺伝カウンセリングの必要性

日本では、出生前診断を受けお腹の中の赤ちゃんに異常が見つかると、中絶する割合が95%以上と高いです。

そんな理由などから、日本産婦人科学会ではNIPT検査を受ける時には、十分に認定病院でカウンセリングを受ける事が重要とされています。

ただ、認定病院での検査は、先ほど説明した条件があるので20代の妊婦さんの中には受ける事ができない場合があります。

認可外の施設で受ける方は、遺伝カウンセリングがない場合が多いので事前に確認しましょう。

カウンセリングの目的

・検査の目的
・どのような妊婦さんがNIPT検査の対象になるのか
・NIPT検査で何が分かるか
・検査結果をどのように解釈するのか
・検査結果を受けどのように行動すべきか

妊婦さんや家族の不安を取り除き、安心してNIPT検査を受ける事ができる様にカウンセリングをする事が目的です。

万が一、赤ちゃんに異常があった場合、日本では中絶ができるのが妊娠22週までなので、検査後短い間に決断しなくてはいけません。
身体的負担、精神的負担がかかってきます。

その為にも、カウンセリングが大切です。

ムーママ

ただ、認可施設について調べると妊婦さんの遺伝カウンセリングを行える施設が少ないです。
実際に受けている人の記事を読んだら、中々予約が取れなくて困ったって言う話も…。

NIPT平石クリニックは、認定外施設ですが2019年から遺伝カウンセリングを受ける事が出来ます。

\遺伝カウンセリングが受けられる/

NIPTの遺伝カウンセリングを、受けた人の口コミや金額をまとめた記事は、下記の記事を見てください。

NIPTの遺伝カウンセリングとは?認定施設の費用は?予約方法は?

20代の妊婦さんがNIPT検査ができるクリニック

・近くにNIPT検査を受けられる認定施設がない。
・認定施設でNIPT検査を受ける条件に、自分が当てはまらいが検査を受けたい。
・遺伝カウンセリングの予約が取れない、検査を早く受けたい。

そんな、悩みを持つ20代の妊婦さんも、NIPT検査を受ける事ができるクリニックをご紹介します。

NIPT平石クリニック

平石クリニック

にんにく注射を発案した平石先生が営んでるクリニック。
平石クリニックは、内科、消化器科内科、アレルギー科などの保険治療。
それ以外にも、にんにく注射、キュレーション点滴などの自由診療もやっています。

平石クリニックは、日本全国に35医院のネットワークがあるのでNIPT検査はトップクラスです。

公式ホームページから、エリア検索して簡単にクリニックを探す事ができます。

平石クリニックでは、年齢制限なし、夫婦同伴なし未婚の方も検査ができます!
なので、20代の妊婦さんもNIPT検査が受ける事ができます。

それに、平石クリニックでは、NIPT検査が陽性だった場合「確定的診断」の羊水検査費用を平石クリニックで負担してくれます。
(NIPT検査代も、18万円~なので認可施設より安めです。)

お金の不安は解消されます。

2019年から、遺伝カウンセリングも受けられるようになりました。
結果も、後日通知できます。

平石クリニックおすすめな妊婦さん
・20代の妊婦さん
・未婚の妊婦さん
・忙しい妊婦さん(土日検査が可能)
・認可外施設で、遺伝カウンセリングが受けられるクリニックを探している妊婦さん

NIPT平石クリニックについての詳しい記事は下記をご覧ください。

NIPT平石クリニックを調査!評判・人気の理由は?【新型出生前診断】

20代出生前診断のまとめ

出生前診断の種類
非確定的検査→胎児スクリーニング検査・母体血清マーカーテスト・NIPT検査
確定的検査→絨毛検査・羊水検査

出生前診断を受けた20代妊婦さんの割合
実際に受けた・受ける予定と回答した妊婦さんの年齢は、高齢妊婦さんと20代妊婦さんの割合は、あまり変わらない。

20代妊婦さんが出生前診断を受ける前に知っといた方が良い事
・染色体異常が高齢出産の妊婦さんよりリスクが低い
・受けるのに条件がある出生前診断もある
・出生前診断は保険対象外
・遺伝カウンセリングの重要性

NIPT検査、条件が少ない施設がある
・認可外の施設だと、20代の妊婦さんや夫婦同伴なしや未婚の方も検査ができる。
ただ、遺伝カウンセリングがない場合がある。

\20代の妊婦さんもNIPT検査が受けられる/

それでは、ムーママ(@moomama120)でした!

ムーママ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
Twitterでもブログの更新情報を発信しています。
ムーママ(@moomama120)をフォローしてくれたら、嬉しいです!

関連記事

NIPT平石クリニックを調査!評判人気の理由は?

出生前診断とは?検査の種類はあるの?メリット・デメリットを解説

新型出生前診断(NIPT)とは?どんな検査?時期・費用は?

【出生前診断】海外と日本の違いは?4か国の現状調査

NIPT平石クリニック新型出生前診断!全国38医院のネットワーク



\近くのクリニックを検索する/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。