ギフト教育ラボ

【ギフト教育受講】食育とは?子供に悪影響をもたらす6つの「こ食」

食育
こんにちは!ムーママ(@moomama120)です!

”ギフト教育ラボ”「食育」の授業を受けました!

息子
息子
”ギフト教育ラボ”は、子育てのコツや乳幼児教育を多くのママが学んでいる学校だよ!

今回は「食育」についてご紹介します。

ムーママ
ムーママ
離乳食を始めた頃はあんなに気を使って薄味を心がけていたのに、幼児食になると大人と同じ味が濃いものを与えていませんか?

1~6歳までの幼児期は、体の成長・味覚や将来の食習慣を決めるとても大切な時期です。
この時期に正しい食習慣を身につけないと、肥満や虚弱体質、生活習慣病の原因にもなります。

食事は、しっかりと栄養が取れて家族団らんで食べる事がとっても大切です!

この記事では

・食育って何?
・食事の重要性
・子どもの食事の悪影響を及ぼす「こ食」
・日本人に大切な食事は和食

それでは、「食育」について見ていきましょう!

\多くのママが学んでいる/
”ギフト教育ラボ”みてみる!

 

「食育」って何?


「食育」とは、生きる上で基本である「食」を通して、健全な食生活を送れるようにするための力を育むことを言います。

現代、多く見られる食育は、農業体験や田植えなどを通じて食べ物の成り立ちを学ぶ事が多いです。

しかし、親が教えるべき食育は、出された物を食べるだけでなく、子供が自分で自分に必要な食事を選択していく能力を付けてあげる事が大切です。

社会福祉法人グループが運営する”どろんこ保育園”メディアでも取り上げられているので、ご存知の方も多いかと思います。

”どろんこ保育園”では「人間力を育てる」を保育理念とし裸足保育、田植え・稲刈りなど体験型保育で人気がある保育園です。

そんな、どろんこ保育園保育でも食育をテーマにした講座「ジブンで決める・ジブンで選ぶ・ジブンで食べる」を開講しており、その中で自分で食事を選ぶ大切さを伝えています。

”どろんこ保育園”食育の記事はこちら

\子供の食育も学べる/
”ギフト教育ラボ”みてみる!

 

では、次に「食事の重要性」を一緒に見ていきしょう!

食事の重要性

食事
人間の体は約60兆憶の細胞からできています。

これらの細胞は日々壊れて新しくなっていきます。
たんぱく質は約200g新しくなります。骨は約1年で作りかわると言われています。細胞が新しく生まれかわる為には栄養が必要です。
栄養=食事です!
食事はバランス良く取る事がとっても大切です!

また、栄養の偏りや不規則な食事などによる肥満や、それらが原因と考えられる生活習慣病の増加がみられます。

次に、子供に悪影響を及ぼす「こ食」について見ていきましょう!

\幼児の食事も学べる/
”ギフト教育ラボ”みてみる!

 

悪影響をもたらす6つの「こ食」

「こ食」
皆さん、「こ食」と言う言葉を聞いた事はありますか?

近年では、肥満の子供が増えているのをご存知でしょうか?
下記のグラフは文部科学省の「学校保健統計調査」の肥満傾向児の割合です。

グラフを見てもらって分かるように、年々肥満児の割合は増えています
肥満だけではなく、中には生活習慣病を患う子供も増加傾向にあります。

この背景には、6つの「こ食」が問題視されています。
では「こ食」とは何か、「こ食」の何が子どもにとって悪影響なのかを見ていきましょう!

①孤食

孤独な食事の事を言います。
今、共働きの家族が増え子供一人で食事をする家庭が増えています。
孤食は、しつけをされず、何を食べても怒られないのでインスタントやコンビニ弁当、外食が増え食生活に悪影響を及ぼします。

②個食

家族みんなが違う物を食べる事を言います。(個人の食事)
好きな物を食べる事になるので、栄養が偏った食生活になり、肥満や生活習慣病になる恐れがあります。
協調性がなく、わがままになりやすい傾向があります。

③固食

固定されている物ばかり食べる事を言います。
何でも、取りすぎは良くありません。これも肥満や生活習慣病の要因になります。
栄養バランスが偏ります。

④粉食

パンやパスタなど粉製品を主食する事を言います。
日本人の腸は消化が上手くできないと言われています。
また、米食よりカロリーも多く摂取しがちです。
噛む力が弱くなる、油をとりがちになり、血糖値もあがりやすくなります。
また、成長期に必要な栄養がとれず、抵抗力が落ちる、やる気が出ないなどの症状が出やすいです。

⑤濃食

味の濃い食事を好んで食べる事を言います。
味覚が未熟な幼少時に濃い味付けのものを与えると、大人になってからさらに濃い味を好むようになってしまいます。
冷凍商品などは味が濃く添加物も多いので沢山食べるのは注意が必要です。
味覚が育たず、塩分を摂りすぎてしまいます。

⑥小食

小食は食べる量が少ないという意味です。
小食が続くと発育に必要な栄養が足りなくなり、体力や気力がなく虚弱体質になってしまうおそれがあります。
また、小食の原因は、幼少期に親からの「早く食べなさい」「こぼさないで食べなさい」などの禁止語が原因の場合もあります。

以上、6つの「こ食」でした。

下記のグラフはBenesse教育研究開発センター
「第1回子ども生活実態基本調査」(2004年実施)です。

このグラフを見ても分かるように、「テレビを見て食事をする!」がとっても多いですね!
我が家もそうです!

ムーママ
ムーママ
「こ食」我が家でも、見直さなくてはいけない点があります。

成長期の子供にとって食事はとっても大切な事です!
すべての「こ食」を取り除く事は家庭によっては難しいかもしれませんが、できる限り減らすことが大切です。

ムーママ
ムーママ
食事は家族でコミュニケーションを取りながら楽しく食べる事がとっても大切ですね!

次に、日本人の子どもに大切な食事のお話をご紹介します!

\子育てのコツ・食育が学べる/
”ギフト教育ラボ”みてみる!

 

日本人の子どもに大切な食事は「和食」!

和食
お米を中心にした「和食」が日本人の胃腸を元気にしてくれます。

ムーママ
ムーママ
日本人の子供には「和食」を食べさせると良いです!

日本人の胃腸と欧米人の胃腸は違いがあり、日本人の胃腸は「和食」をしっかりと消化して吸収できる様になっています。

でも、和食って毎日作るのは結構手間がかかりませんか?

ギフト先生
ギフト先生
ママが食事を作るのが大変な日は、「ごはん、納豆、みそ汁」があればOK!
お惣菜やコンビニのお弁当を買うより「ごはん、納豆、みそ汁」の方が、よっぽど栄養があって安心して与えられる!

皆さん、1か月コンビニ弁当ばかりを食べているホームレスの方の遺体は腐らないと言う話を聞いた事はありませんか?
この原因は、多量に使われている食品添加物保存料が人間の体内に蓄積されている理由だと言われています。

ムーママ
ムーママ
怖いですよね?
気が付かない間に、私達の体に添加物や保存料が蓄積されているなんて。
成長段階の子供には、しっかりと栄養のある物を食べさせたいですね!!!!

あとギフトの先生は、調味料には、お金を掛けて質の良い物を使うのが良い!言ってました!

私も以前、神尾哲男さんの「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」と言う本を読んでから、調味料には気を使っています

では、簡単にどんな調味料がおすすめなのか見ていきましょう!

塩化ナトリウム95%以上は避ける。天然塩が良い。

醤油

脱脂加工大豆とある醤油は使わない。瓶に入っている物が良い。

味噌

生味噌を選ぶ。

オリーブオイルがおすすめ。

砂糖

上白糖、グラニュー糖、三温糖はさけましょう。

みりん

みりんの原料はシンプルな物を選びましょう。
もち米・麹・焼酎。

上記の調味料は、神尾哲男さんの「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」から上質な調味料をご紹介しました。
ここまでは、こだわらくても良いと思いますが少し気にして調味料を選ぶ事は大切だと思います!

良かったら参考にして下さい。

「食育」のまとめ

食育
現代、外食やコンビニ、ファーストフードなど便利で食が豊かになった分、栄養の偏りが問題になる事が今回分かりました。

成長期の子供こそ、親が気を付けてあげたいですね!

「食育」は、保育園や学校に任せきりではなく毎日家族で取り組む事がとっても大切です!

ギフト教育ラボでは、乳幼児教育について学ぶだけではなく、子育てのコツやお子さんや妊婦さんの食事、心理学も学べます!

>>ママの心理学の記事を見てみる!!!

授業では、他のママや保育士さんのお話も聞けてたり、自分の子育ての悩みも相談できます。

ムーママ
ムーママ
普段仕事をしている私にとって、正しい子育ての情報が得られるので、毎回授業が楽しみです!

ギルト教育ラボは、無料で資料請求・体験ができます!
気になる方はチェックして見てください。

また、1day講座もあります。
遠方の方はオンライン授業もあります!

ちなみに、私はオンライン授業で受講しています。

>>オンライン授業についての記事を見てみる!
>>無料資料請求の記事を見てみる!
>>無料オンライン体験の記事を見てみる!

良かったら、参考にして下さい!

乳幼児教育・子育てのコツを学べる
”ギフト教育ラボ”みてみる!

 

ムーママ
ムーママ
最後まで読んで頂きありがとうございます!
ブログの更新情報はTwitter(@moomama120)でも発信しています。

関連記事

・【ギフト教育ラボ】子育ては学ぶ時代?乳幼児教育が学べる教室を調査

・【ギフト教育ラボ】受講して3か月たった!リアルな感想!

・【ギフト教育ラボ講義】乳幼児教育は3歳までに始める事が重要な理由!

・【ギフト教育ラボ講義】子育てのイライラ原因はママにあり!解消方法!

・”ギフト教育”オンライン講座を徹底調査!3つのよくある質問解説!

・【ギフト教育講義】指先を使った遊び!ねらいは脳育!100均アイテムで賢い子に!

・【ギフト教育ラボ受講】知育玩具「ひも通し」の効果・おすすめ8選!

 


子育て情報ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

乳幼児教育・子育ての勉強するなら”ギフト教育ラボ”

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。