知育

【ギフト教育講義】指先を使った遊び!ねらいは脳育!100均アイテムで賢い子に!


こんにちは!ムーママ(@moomama120)です!

ムーママ
ムーママ
手や指先を使った遊びをすると脳の活性化につながり、頭が良くなると言われています!

今回は、
・手や指先を使うと脳が活性化される理由
・具体的にどのようにして手や指先を使った遊びをしたら良いのか

を、私が通う乳幼児教育を学べるの学校”ギフト教育ラボ”で学んだ事を少しだけご紹介します!

\子育ての仕方・乳幼児教育を学べる学校/

手や指先を使うと脳は活性化される?

手や指先を使った遊びをすると、脳へ刺激を与え活性化すると言われています。

言語能力・思考力・運動能力・記憶力をつかさどる大脳!
手や指を使った遊びをすると脳の発達に良い影響を与えます。
また、乳幼児時期(6歳未満)に手や指先を使う経験を重ねている子は器用な子が多いと言われています!

では、手と脳の関係をご説明しましょう!

手と脳の関係

ムーママ
ムーママ
脳神経外科医のワイルダー・ ペンフィールドさんをご存知ですか?

ワイルダー・ペンフィールドさんは、アメリカ生まれのカナダの脳神経外科医として偉大な功績を残した人です。

”脳を電極で刺激すると鮮明な記憶がよみがえること”を発見した事が有名です。

ワイルダー・ペンフィールドさんは脳を電極で刺激することにより、運動野や体性感覚野と体部位との対応関係をまとめ脳の機能地図を作りました。

これが『ペンフィールドのマップ』と呼ばれています。

Googleのトップページのロゴはハロウィーンやクリスマスなどイベント時に意識したロゴが使われるイメージですよね?

そんなGoogleのトップページにワイルダー・ペンフィールドさんのロゴにもなった事もある位有名な方です。

ペンフィールドのマップ


ペンフィールドのマップは、電気刺激を用いて脳の刺激と身体への関連を示したものです。

大脳のどの部分が身体のどの部分に対応しているかだけではなく、脳の各部分の対応領域の割合の大きさまでもを研究しまいた!

上の図を見てもらうと、脳の感覚皮質の領域が均等ではないことがよく分かりますよね?
特に手と唇の領域が広いです。

ムーママ
ムーママ
この領域が広い部位を使うと、脳への刺激も大きいと言えます。

ペンフィールドの「ホムンクルス」


ペンフィールドのマップをもっとビジュアル的にわかりやすくしたのが、上の気味の悪い人形ペンフィールドさんが考案した「ホムンクルス」と言われる人形です。

「ホムンクルス」は、人の大脳皮質と体の部位の感覚の関係を部位の大きさで示したものです。

見て頂くと分かるように、手・舌・唇が大きく、腕や胴は細くなっています!

私たちの脳が身体のどの部分の感覚情報に重きを置いているのか、一発で理解できるのが「ホムンクルス」です。

ペンフィードさんの研究結果で分かるように、手や指先を使うと脳への刺激が大きい事が分かります。
特に、乳幼児時期の脳が発達する時期に手や指先を使い、脳を活性化する事はとっても大切な事です!

指先を使った遊び方と3つコツ


手や指先を使う事は脳へ良い影響がある事は分かって頂けたと思います!
次に幼児期のお子さんと楽しめる、指先を使った遊びをご紹介します。

脳を使った遊びにはコツがあります。
ステップアップしながら遊ぶと、より効果的です。

それでは、指先を使った遊びをご紹介します。

用意するもの


・デコレーションボール(100円均一)
・お皿
・紙コップ
・ペットボトル
・ピンセット(シュガートング)

ステップ1~お皿~

指でデコレーションボールを1つずつ摘まんでお皿に移動させて遊びましょう。
まず、始めはお皿に載せる事からスタートです!

ムーママ
ムーママ
上手くできたら、しっかりと褒めてあげましょう!

ステップ2~紙コップ~


お皿で出来たら、次は紙コップにデコレーションボールを1つずつ摘まんで移動させましょう。
この時、紙コップにデコレーションボールが収まる量を入れさせる練習もしましょう!

ムーママ
ムーママ
「容器にどの位入るかな~?」
「まだ、入るかな?」
などママが声かけしながら楽しく遊びましょう!

ステップ3~ペットボトル~

次は、更に入口の小さいペットボトルに入れる練習をしましょう。

ムーママ
ムーママ
この様に、入口の大きい物→小さい物に入れステップアップし難易度をあげていきましょう!

次にステップ3まで出来たら、今度は指ではなくピンセットを使って摘まみながらステップ1~ステップ3をやります。


こうやって指先を使った遊びをすると脳がより活性化します!

遊び方の3つのコツ

①最初にママがしっかり遊び方のお手本を何回か実際に見せてから、お子さんにやらせて下さい!

②ママが声かけをしてお子さんとお話しながら楽しく遊びましょう!

③お子さんが上手く出来た時は、オーバーに褒めてあげながら遊んでください!

以上お子さんと楽しく遊べる3つのコツです!

今回、ご紹介した遊びは視空間認知力にも効果があるので、おすすめです!

 

他にも指先を使った知育遊びをみてみる>>子供と「ちぎり絵」指先を鍛える知育を始めよう!3つの効果と注意点
【ギフト教育ラボ受講】知育玩具「ひも通し」の効果・おすすめ8選!

子供と「ちぎり絵」指先を鍛える知育を始めよう!3つの効果と注意点 こんにちは!ムーママ(@moomama120)です! 手でちぎった紙を台紙に貼って表現する「ちぎり絵」。 「ちぎり絵」は...
【ギフト教育ラボ受講】知育玩具「ひも通し」の効果・おすすめ8選! こんにちは!ムーママ(@moomama120)です! 先日、子育ての仕方を学べる学校、”ギフト教育ラボ”で「手指の運動機能に良...

視空間認知力とは?


先程、指先を使った遊びの中でお皿・紙コップ・ペットボトルから、はみ出ない様にどの位の量が入るかを、考えさせながら遊ばせると視空間認知力にも効果的です!

視空間認知とは、平面の地図や絵を見て立体的にイメージしたりする能力の事を言います。

視空間認知力が低い

こんな人が視空間認知力が低い方です。
・駅などの人が多い所を歩いていて人を上手く避けられない人
・物によくぶつかる
・枠内に文章を書いて下さいと言われ、文字がキレイに収まらなかったり、はみ出る人。
・スープがあるとして、他の容器に移す時ピッタリの量が入る器を用意できない人や一度に上手く入れる事が出来ない人

ムーママ
ムーママ
恐らく、私は視空間能力が低い人間です。。。。

視空間認知力が高いと、スポーツに有利な子になります。

視空間認知力が高い

・キャッチボールで狙った所に投げる事ができる
・バスケットボールでゴールに入れられる
・自分・チームメイト・敵の位置を把握して、動きを予測できる

視空間認知力を鍛える事もとっても大切な事ですね!

指先を使って遊べる玩具


他にも指先を使って遊べる物をご紹介します!

折り紙

折り紙は、折ったり、色んな紙に触ったり、丸めたり、ちぎったりと色々な遊びが出来ます!

効果

・脳の発達
・色彩感覚
・想像力
・集中力がつく
・器用さが身に付く

入園までにあそぶ力がつく1・2・3才のおりがみ/主婦の友社
created by Rinker
¥1,100
(2019/12/09 17:00:09時点 楽天市場調べ-詳細)

粘土

【知育玩具 2歳】ボーネルンド 粘土 かんてんネンドstudio 4色セット 白/赤/黄/青 寒天粘土【P】【kd】
created by Rinker
¥1,320
(2019/12/09 17:00:10時点 楽天市場調べ-詳細)

効果

・色彩感覚(カラー粘土)
・創造力
・集中力がつく
・器用さが身に付く

色を混ぜて自由な色を作る事ができるのも魅力です!

手で塗るのり遊び

ヤマト のり 糊ボトル入 P-70

効果

・感触を感じる
・加減を知る
・器用さが身に付く
・創造力
・集中力がつく

塗り絵

塗り絵選びのポイントはキャラクター物以外が良いです。
キャラクター物だと色が決まっていて何色を使うかを考えないので、止めた方が良いでしょう!
例えば、ドラえもん→青と決まった色を塗るので止めましょう。

自分で何色が良いのか考えさせる事が大切です!

効果

・想像力
・色彩感覚
・集中力
・視空間認知力(枠からはみ出さない様に塗る)
・器用さが身に付く

どこで学んだ?”ギフト教育ラボ”とは?


私は今回ご紹介した、手や指先を使うと脳が活性化される理由子供との遊び方“ギフト教育ラボ”という学校で学びました。

”ギフト教育ラボ”では、乳幼児教育子育ての仕方について学ぶ事ができ、日々の子育ての悩みや疑問また子供たちの才能の引き出し方を学べる学校です。

子供の性格は3歳までに決まると言われています。

でも、3歳までで性格が決まると言ってますが、こうして脳育して結果が分かるのは、ずーっと先の事ですよね?(笑)とツッコミたくなる方もいると思います!

ただ、今までの私は子育てや教育についての知識がありませんでした。
しかし【ギフト教育ラボ】で実際に授業を受け、子供にとっての幸福度が上がっている気がして、どんどんハマっています!

息子も気のせいか、楽しそうに色々と挑戦してくれて子育てが楽しくなりました!

”ギフト教育ラボ”気になる方は無料で資料請求できるのでまずは、資料請求して決める事をおすすめします!

\子育ての仕方・乳幼児教育を学べる学校/

指先を使った遊びのまとめ


手や指先を使う事は、頭にとっても良い効果がある事が分かりましたよね?

また、指先を使った遊びは、ただおもちゃを使って遊ぶのではなく頭を使って考える力を組み合わせると更に効果的です。

少しずつ難易度をステップアップして、お子さんが飽きない様にママ・パパは声かけをしながら盛り上げて楽しく遊びましょう

最後まで読んで頂きありがとうございます!
よかったら参考にして下さい!

\子育ての仕方・乳幼児教育を学べる学校/

ムーママ
ムーママ
最後まで読んで頂きありがとうございます!
ブログの更新情報はTwitter(@moomama120)でも発信しています。

おすすめ記事

・【ギフト教育ラボ】子育ては学ぶ時代?乳幼児教育が学べる教室を調査

・【ギフト教育ラボ】無料資料請求してみた!勧誘はしつこい?

・”ギフト教育”オンライン講座を徹底調査!3つのよくある質問解説!

・「乳幼児教育」は必要?!3歳までに始める事が重要な理由を解説!

・子供のおもちゃを増やさずに賢く遊ぶ2つのコツ!与え過ぎは悪影響?

乳幼児教育・子育ての勉強するなら”ギフト教育ラボ”

POSTED COMMENT

  1. yuko より:

    指先を使うことが大切ってことは聞いたことがありましたが、そこをポイントにした遊び道具のことは全然知らなかったので、興味深く読ませていただきました!
    ありがとうございます。

    • ムーママ より:

      yukoさん
      いつもブログを読んで頂けて嬉しいです!!!
      指先を使うと良いとは聞きますが、具体的にどう良いのかは知っている方は少ないと思います!
      今回私も勉強して自分が思っていた以上に指先や手を使った遊びは脳にとって良い事が分かりました。
      これから、どんどん子供に指先を使った遊びを一緒にやっていきたいな~と思いました!
      ありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。