2018年おせち料理!!!おせちの重箱・中身の意味ご紹介します。



1年の始まるをお祝いするのに、欠かせないのは「おせち料理」ですよね〜!
皆さんおせちの意味はご存知ですか?
今回、おせちの意味や中身をご説明します。

お正月の行事・マナーについての記事はこちらをクリックして下さい。




おせちとは

おせち料理は、もともと五節句に神様に供えたお祝い料理です。
正月、三が日は主婦を家事から解放すると言う意味を含め、保存の効く食材が中心の物になったと言われています。
また、正月に火を使う事を出来るだけ避けると言う意味もあります。

重箱の意味は?

おせち料理は「めでたさを重ねる」と言う意味で縁起を担ぎ、重箱に詰めて出されます。
基本は四段重ねで、上から順に、
一の重二の重三の重与の重、と呼びます。
四段目のお重を「四の重」と言わないのは「四」が「死」を連想させ縁起が悪いとされているからです。 
代表的な詰め方を紹介します。

【一の重】
黒豆、数の子、ごまめ(田作り)などの祝い肴〔ざかな〕
【二の重】
伊達巻やきんとんのような甘いもの中心
【三の重】
魚や海老の焼き物など海の幸
【与の重】
野菜類の煮物などの山の幸



おせち料理の中身の意味は?

【黒豆】元気に働けますように一年中”まめ”に働き健康な生活をおくれるようにと言う意味です。【数の子】
宝に恵まれ、子孫繁栄を祈る。
数の
子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るので、めでたいと言う意味です。
【田作り】
穀豊穣を願う。
穀豊穣を願い、小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。
【伊達巻】
形が巻物に似ている為、知恵が増える様にと願いがこめられている。
また、江戸時代、長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになったようです。
【栗きんとん】
豊かさ
と勝負運を願う。
黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。
日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。
【エビ】
長生きの象徴。
えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。
【昆布巻】
健康長寿を祈る。
昆布
は「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起ものです。
【紅白蒲鉾】
紅白
は祝の色。
蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理
紅は魔除けの意味で、白は清浄を表します。

まとめ

おせち料理は、地域や家庭によって意味は様々ですが、ひとつひとつに新年の幸せを祈る意味が込められているんですね〜(^^)
家族でおせちを食べながら、料理の意味を話しながら過ごす時間は素敵ですね〜。
子供にもしっかり意味を伝えていきたいですね〜!

おせちは1年のスタートにふさわしい料理です(^^♪
年の始まり!!たまには、家族で贅沢してみませんか?
創業大正13年。
90年以上の歴史を持つ和食の老舗がお届けする豪華多品目本格おせち、「東京正直屋」さんのおせちは、贅沢な素材と味付け・盛り付けが特徴の見た目にも華やかです。
伝統的な和風おせちから、洋風・中華おせちまで幅広い品を取り揃えてあります(^^♪
金額も色々でリーズナブルな物からあります(^^♪

年の始まりから、本格料亭の味をご家庭で楽しめますし食卓が華やかになりますよ~。
また、お世話になった方にギフトで送るのもいいですね!(^^)!
年末は何かと忙しいので余裕を持って検討するのが良いですよね~♪
気になる方は一度見てください!!!



☆よかったらポチと押して下さい☆

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。