妊娠したら、「母子手帳」はどうやってもらえるの?きちんと手続きをして、「出産育児一時金」「出産手当」など貰えるお金はしっかりと貰いましょう!!!仕事は辞めないのがベストです!

妊娠・出産・育児にはお金がかかりますよね。

妊娠して、まず一番最初のにする手続きは何でしょう~!(^^)!
そう、母子手帳をもらう事です!

今回、妊娠してからの手続きや、お金の話をしたいと思います。

病院で妊娠証明書を貰います。
貰ったら、自治体の窓口へ提出すると母子手帳が受け取れます。
その時に、妊娠健診や検査の補助券も貰えます。
(その他に、妊娠出産のガイドブックなども貰えます)

母子手帳を貰うと本当にお母さんになるんだ~と嬉しい気持ちでいっぱいだった事を思い出します(o^∇^o)ノ

 出産育児一時金とは

健康保険に加入をしていれば、子供1人につき42万円が貰えます。(双子なら84万円)
1番まとまったお金ですね〜〜。
妊娠4か月以上の早産や死産も対象です。

手続きは、
公務員・会社員のママ→勤務先に頼むか、健康保険組合に手続きします。
専業主婦・自営業・パートのママ→パパの扶養に入っていれば、パパの勤務先
自分で国民健康保険に入っているのなら自治体の窓口で申請します。

「直接支払制度」を利用なら産後申請で大丈夫です。「直接支払制度」とは、出産育児一時金を病院の支払いに直接まわす事ができる制度です。(出産育児一時金と分娩費用の差額を支払うため、まとまったお金を用意しなくて済みます )

 出産手当金とは

産休中、健康保険から給料の3分の2が貰えます。
働いているママが産休(産前42日+産後56日)を取り、その間会社から給料が出ない時、加入している健康保険制度から支給されます。
また、産休を取らずに働く場合はお給料があるので貰えません。(国民健康保険にはこの制度がないので貰えません。)

書類は入手先も届け先も勤務先の窓口健康保険組合です。
書類には、本人と病院と勤務先の記入が必要です。

 育児休業給付金とは

育休開始から半年は給料の67%、以後は50%が貰えます。
会社員のママと公務員のママのみ、子供が1歳になるまでの間、育休開始から180日目まで給料の67%が貰えます。それ以降は50%が支給されます。

 子供の医療制度とは

自治体が子供の医療費を助成してくれる制度です。
治体によって内容が違います。 

医療費の一部負担の所もあれば、無料の所もあります。
私の住んでいる地域は、医療費は200円で薬代は無料です。
申請は、パパママのどちらかの健康保険に加入させて赤ちゃんの健康保険証を作ります。
赤ちゃんの保険証とともに自治体に申請します。

児童手当とは

0歳から中学生の子育て費用をサポートしてくれます。
出産後すぐに手続きをして下さい。

自治体の窓口で申請です。

0歳~3歳未満→月15.000円

3歳~中学卒業まで→月10.000円

(所得制限を超える場合は月5.000円です)

健康保険の適用

切迫流産・早産・帝王切開などの医療行為をしたとき、健康保険が適用されす。
 医療行為かは、医療機関に確認が必要です。
帝王切開などは、生命保険(医療保険)からも給付が貰える場合もあるので、確認しましょう〜〜。
また、自己負担限度額を超えると、高額療養費制度もあります。

 医療控除とは

払いすぎた税金を戻す為、確定申告をしましょう。
所得税を支払っていて、世帯合算の医療費が年間10万円を超えると税金が安くなります。
なので、医療費の明細はきちんと取っておきましょう。
不妊治療費も、医療費として認められます。

失業給付金の受給期間延長とは

失業給付の手当ては、働く意欲があり、すぐに働ける環境にある人が求職中に貰えるお金です。
妊娠・出産・育児(子供が3歳未満)で、すぐに働けない状態の人は、最長で3年間でき、また求職活動を始めた時に失業給付を申請出来ます。

 特定不妊治療助成とは

負担の大きい不妊治療の費用を助成します。
不妊に悩み、不妊治療を受ける夫婦が増加しています。
不妊治療は健康保険がきかず費用が高額なりがちです。
経済負担を軽減する制度です。
手続きは自治体です。

 最後に♪


まずは、ご自分が仕事をされているのか、専業主婦なのかで貰える金額も手続きも違うので、しっかり確認しておきましょう〜(^^♪
 こう見ると、妊娠して仕事を辞めて専業主婦になる方も多いと思いますが、仕事を辞めずにいた方が、貰える金額が断然多いですよね〜〜!(^^)!
 仕事を続けるか辞めるかで、悩まれてる方は、産休中貰えるお金の事も考えて決断された方が良いですね〜〜!!
因みに、私は専業主婦になってしまったので、大後悔です!!!
また、息子が1才になったら仕事をしたいので探すつもりです((+_+))
以前勤めていた職場に、出産したら3ヶ月で戻って来て欲しいとの事だったので、初めての子ですし、3ヶ月は早いな〜〜と思い退職を選びました。
これから、就活保活頑張ります‼︎
手続きが、多いですがしっかり貰えるお金は貰っときましょう〜〜( ^ω^ )
最後まで読んで頂きありがとうございました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。