スポンサーリンク

お月見の意味、簡単に紹介します。お月見泥棒って?

image

秋ですね〜そろそろ「お月見の季節」がやってきますね。
皆さんお月見の意味はご存知ですか?
今回、お月見についてと、私の住んでいる地区にあるお月見泥棒と言う行事の事を書きます〜(^^)




 お月見とは


お月見とは旧暦の8月15日月を鑑賞する行事です。
始まりは、中国で月見の日にサトイモの収穫祭が行われていました。
その後、中国の宮廷行事としても行われるようになり、それが日本に伝わりました。

お月見は収穫を祝う行事で、実りの象徴である月に里芋や豆類をお供えし、その年の収穫に対する感謝を捧げていたのです。

芋類の収穫祝いをかねているため、別名「芋名月(いもめいげつ)」とも言われています。

また、まだ電気のない時代月明かりを頼りに農作業を行うこともありました。
そのことが
月に収穫の感謝をする意味もあります。

お月見の「15夜」っていつなの?


十五夜と言いますが、必ずしも15日とは限りません。

旧暦で8月15日が中秋の名月。 
お月見の日は「旧暦」で行う行事なので、現行の太陽暦にすると毎年違う日になります。

2017年→10月4日
2018年→9月24日
2019年→9月13日
2020年→10月1日

中秋の名月の日である「旧暦8月15日」には、かなりばらつきがありますね〜(^^)

何で、お月見は団子とススキを飾るの?

団子

お団子はお米から作られていて、白くて丸い見た目は満月
をかたどったものです。収穫や豊作の
感謝を表しています。

ススキ

ススキは 月の神様を招く依り代(よりしろ)として供えられます。
※依り代とは神様をお招きする場所や、神様の宿る仮の体とい言う意味です。

本来は神様の依り代であるのは稲穂ですが、お月見の時期に稲穂の収穫が間に合わない為、見た目が似ている
ススキ
を飾る用になりました。
(ススキを稲穂の代わりにして)米の豊作を祈願の意味があります。
また、ススキには魔除けの意味もあります。

お月見泥棒って?どんなイベント?


お月見泥棒とは、子供達のお月見イベントです(o^∇^o)ノ
十五夜に飾られているお月見のお供え物を、この日に限って盗んでいいというものです。(′∀`)

昔、子供たちは月からの使者と考えられており、

・お団子を盗られた農家は豊作になる。
・お団子を盗られることは縁起が良い。
・七軒盗んで食べると縁起が良い。
・盗んだお団子を食べた子は長者になる。

と言う理由で、この日に限り盗むことが許されていたと言われています。

子供達は、各家に回り「お月見くーださい」「お月見泥棒です」と声をかけると、お菓子など貰えました。
近所のスーパーもお月見泥棒用のお菓子セットが売っていました。

私の友達は、お月見泥棒の用意をしていない家にお月見泥棒に行ってしまい、家の人が困って、何故か豆腐をくれたそうです。笑
私は、子供の頃はお月見とハロウィンは同じ物だと思っていました〜(^^)
こう言った風習が少なくなってしまうのも、寂しいですね〜(;´Д`)

以上、お月見お月見泥棒についての簡単な説明でした。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。