ママ友とのトラブルで疲れているママいませんか?ママ友との賢い付き合い方、8つの大切な事!

image
子供ができて「ママ」になると、これまでの仕事関係や友人関係とは違う、子供を介しての新たなお付き合いが始まり、 子供を通しての人間関係はどんどん広がって行きますよね。

ママ友とのトラブルで疲れていませんか??




ママ友とは?どんなきっかけでなるの?


ママ友とは、子供がいる事で知り合った「育児友達」の事です。
出会のきっかけは、様々です。
・公園デビュー
・支援センター
・保育園
・妊娠中に通った母親学級
などで知り合う場合があります。

ママ友は作った方がいいの?

結論から言うと作った方が良いです。
「ママ友なんていらない。昔からの友達がいるし、何でも話できるから」と言う人もいます。
私がそうでした(^^)
ただ、どんなに親しい友達でも、片方がシングルや子供がいないと、どうしても話が合わない部分も出でくるものです。
育児の話をするなら、やはりママ友の方が共感が得られやすいし、情報交換ができます。

ママ友は普通の友達と違うの?

ママ友は、高齢出産した人もいるし10代で出産した人もいます。年齢や育った環境も違います。子供がいなければ、出会う事はない相手かもしれません。
また、子供の成長とともに、自然にママ友は変わっていきます。
いわば期間限定のお付き合いです。




ママ友とのお付き合い8つを紹介します。

1.一線を引いて付き合う

ママ友のお付き合いでは、子育ての悩み相談や情報収集ができるメリットがあります。
しかし、一緒にいる時間が、長くなると四六時中べったりになりがちです。
お互いの家庭環境を比較して劣等感や優越感を持ったりと困った問題が起こる事もあります。
その様な事を避ける為に、はじめから一線を引いて深入りしない事です。

2.自分の基準に考えない

「私がそうだから、人もそうだ」と思い込んでいませんか?
例えば、「旦那さんボーナス出た?」とか「大学では何を専攻したの?」と言った何気ない質問でも、どこの家庭もボーナスがでるとは限りませんし、皆んなが大卒とは限りません。
ママ友とのお付き合いは自分の基準で考えない様に注意が必要です。

3.自分だけが大変と思わない

ママは、子供の事、家の事、仕事などやらなくてはならない事が沢山あって大変です。
忙しくて、グチっぽくなってしまう事もありますが、大変なのはよそのお宅も同じです。
グチばかり言っているとママ友も離れていきます。

4.人のしつけに口出ししない

ママ友達で育児について相談し合うのはよくあります。
しなし、人のしつけに口出しするのはやめましょう
しつけは、家庭によって様々です。
自分の子のしつけ方法が、よその子にも合うとは限りませんのでやめましょう。

5.悪口は言わない・同意しない

ママ友同士でお喋りしている時に、他のママ友のウワサ話や悪口になったら要注意です。
少しの愚痴でもすぐに広がります。
また、悪口に同意しない事も大切です。
悪口になったら、その場を上手く離れる事も考えましょう。

6.子供の自慢話はしない

ママ友とのお付き合いは子供の話が中心です。「他の子は出来ないのに、うちの子はできる」といった、比較を伴う自慢はやめましょう
周りはあまり面白い話ではないし、不快な気持ちにさせる事もあります。
自慢したい時は、孫の話を喜ぶ親にしましょう

7.プライバシーを詮索しない

「家のローン」「子供の成績」「旦那の大学」など立ち入った質問はやめましょう。
どの家庭にも、それぞれ人に知られたくない事情というのがあり、暮らしもそれぞれです。

8.子供を第一に考える

image
人付き合いが苦手な人にとっては、ママ友作りは、億劫ですよね。私も苦手です( ̄∀ ̄)
しかし、お付き合いは期間限定です。
自分にとってどうかより、まず子供にとってどうか考えましょう。
子供に社会性を身につかせる為にも、積極的に外に出てコミュニケーションを取ることは大切です。

以上、ママ友とのお付き合いをスムーズに、賢くする為の「8つの大切な事」でした。
ママのお付き合いを楽しく、充実した毎日を送れますように〜♬
もし良かったら参考にして下さい。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。