スポンサーリンク

出産祝いや内祝いの正しいマナーってあるの?相場はいくら?実際に頂いた物をご紹介♪

image
友達や親族、同僚など身近な人に赤ちゃんが生まれたときに贈る「出産祝い」!!

出産祝いを贈るときは、マナーやどんなものを贈ればいいのか悩んでしまうものですよね〜?(*‘∀‘)

今回出産祝いの正しいマナーについてお伝えします(^^)




お祝いに行くタイミングっていつなの?

出産の知らせを受けても、旦那さんや両親・兄弟以外がすぐに駆けつけるのは、遠慮しましょう。

お祝いにいくのは、「お七夜」を過ぎて少し落ち着いた頃の、退院後3週間以内がベストです。

伺う時は、相手の都合に合わせましょう。

育児で手いっぱいの状況を思いやり、親しい間柄でも早めに失礼するのが、マナーです。

出産祝いの贈り方ってどうするの?

【送る時期】

・出産後7日から1ヶ月以内

【表書き】

・「祝御出産」「御出産祝」

【水引】

・紅白蝶結び

【現金を贈る場合の目安】

・友人、知人⇨5千円から1万円
・親族⇨1万円から3万円程度

【選び方】

・友人、知人⇨5千円から1万円程度
・親族⇨1万円から3万円程度
・すぐに必要になる肌着セットやベビー服など生後1年後頃に着る物も、先の楽しみとして喜ばれます。
・おもちゃ類やベビーカーなどは安全性をチェックしてから購入しましょう。

品物は、せっかく贈るなら喜ばれる物を贈りたいですよね〜♬

息子が産まれて頂いた出産祝いは、現金が1番多かったです。

その他は、

お洋服・木のオモチャ・歌を歌うぬいぐるみ・スイマーバ・カシウェアのブランケット・お風呂セット・ミニバイク・お尻拭き・オムツ・バンボなどなど頂きました〜(^^)

どれも可愛くて、嬉しかったです(^^♪

内祝いにオススメ『カシウエアのブランケット』の記事はコチラ♪

 出産祝いのお返しの仕方はどうするの?

出産祝いを頂いたら、お宮参りの頃に内祝いを贈ります。
かつては、お祝いを頂いても頂かなくても喜びを分かち合う為に送ったのですが、今はお祝いを頂いた人にだけ「お返し」の意味で贈ります。

 内祝いの贈り方ってどうするの?

【贈る時期】

・出産後1ヶ月ごろ

【表書き】

・「内祝」
お披露目の意味もあるので、子どもの名前も必ず入れる。

【水引】

・紅白蝶結び

【金額の目安】

頂いた金額の半額か3分の1程度。
全員一津でも良い。

【品物の選び方】

以前は、紅白の砂糖もち、石鹸、鰹節が一般的でした!!!

・タオルや食器などの実用品。
・カタログギフト。
・ママ友からオムツやタオルなど、ちょっとした物を頂いた場合は、お礼の気持ちを込めてお菓子の詰め合わせなど贈ると良いでしょう。
・遠方の親戚のお返しは、赤ちゃんの写真を添えると喜ばれます。

ちなみに、私が贈った内祝いは、カタログギフトが多かったです。
あとは、タオルなどの日用品です。

両親には、息子の産まれた時の体重や身長などが掘ってある写真立てと、写真を贈りました(*‘∀‘)

両親に送った『写真立て』はこちらをクリック♪

以上で、出産祝いのマナーでした。
是非参考にして下さい〜♬

最後まで読んで頂きありがとうございました😊

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。