戌の日の帯祝いって何?安産祈願ってどんな事するの?服装は?初穂料はいくら包むの?


子供ができると、行事がたくさんありますよね。
子供のお祝い事で一番初めにスタートするのが「帯祝い」です。
初めてママ・パパになる方は戌の日の帯祝い、安産祈願どうやってやればいいのか分からないですよね?
今回は帯祝い・安産祈願についてご紹介します。




「帯祝い」とは


妊娠5か月目
に行う帯祝いは、母体の健康と赤ちゃんの元気な誕生を祝い行事です。
古事記には、神功(じんぐう)皇后が三韓征伐におもむいた時、帯に石をはさんで巻き付けた、という記述があります。
これが帯祝いで使われる腹帯のはじまりでないかと言われています。
帯祝いは「戌の日」に行うのが良いとされています。
神社で安産を願い、腹帯を巻くならわしです。

腹帯をつけましょう

腹帯は妊娠で大きくなったお腹を支え、赤ちゃんとママの体を守る為に付けるものです。
腰痛や冷え性予防にもなります。

腹帯は自分で買うの?

昔は女性側の実家から送られることが多かったものの決まりはありません。
自分で買っても良いし、神社で安産祈願をするさらしをもらえる場合もあります。
ちなみに私の時は、神社から頂きました。

どうして戌の日にするの?



犬は多産
なのにお産が軽く、昔から安産の象徴です。
あやかるなら帯祝いも戌の日にしたいところですが、必ずしもこだわる必要はありません。
体調や都合に合わせてお祝いしましょう( ^ω^ )

「安産祈願」にいきましょう

帯祝のメインイベントは、神社へお参りに行きます。
安産祈願は戌の日に限らず毎日受付をしている神社がほとんどです。
戌の日、大安の週末は混む場合がありますので、体調をみながら無理がないようにスケジュールを決めましょう。
腹帯は付けても持参でも大丈夫です。



安産祈願はどんな服装で行けばいいの?


ママ

シンプルなワンピーススーツタイプのフォーマルな服装
肌の露出が多い服や派手な服装は控えましょう。

また、靴を脱ぐ場合もあるので、ママは脱ぎ履きしやすいものを選びましょう。
素足やサンダルも控え、服装に合ったフラットシューズがおすすめです。

パパ

スーツスタイルが基本です。
あまりかしこまりすぎなくても大丈夫ですが、短パンやサンダルは控えましょう。

寒い時期は、ママは体を冷やさない様にブランケットやカーディガンを持っていくのをオススメします。

お宮参りはどこの神社でもいいの?

水天宮など安産祈願で有名な神社は、休日や大安などが重なると混む事が多いので平日にずらすなど工夫して下さい。
もちろん近くの神社で大丈夫です。
安産祈願で持っていく物は、初穂料を納めて安産祈願をしてもらう場合は、腹帯を持参するか巻いて行きます。
持参の場合はさらしが良いです。

祈願してもらう場合のお礼は?

神社には「初穂料」(はつほりょう)としてお礼を納めます。
料金は一般的に3000円~5000円程度が目安です。
この中には、お守り、お札などが含まれる場合もあります。
神社によっては予約が必要な所、当日受付ができる所などさまざまです。
予め確認をする事をおすすめします。

祈願の時間はどのくらい?

神社によりますが、10分から30分程度です。
神殿に入り、おはらいをしてもらいます。
混んでいる場合は時間が長い場合もあります。

神社で頂いたお札はどこに飾る?

お札を飾る場所は、ほこりがなく高い所が良いとされています。
神棚があれば神棚に、ない場合は家族が集まるリビングなどで目線より高い場所に置き、お札の文字を東か南向きに、迷った時は神社で尋ねてみるといいでしょう。

家族でお祝い膳を囲みましょう。

安産祈願のお参りに出かけたら、妊娠のお祝いを兼ねて簡単な食事会を開くのも良いですね。
体に負担をかけないよう、神社の近くのレストランや自宅などがオススメです。

お祝いを頂いたらどうしたらいいの?

帯祝のお礼を頂いたら、内祝いをします。
出来ない時は礼儀として頂いた事に対してのお礼を伝えます。
連絡は電話でかまいません。
近所の人や、よく顔を合わせる相手なら菓子折りなどを差し上げてもいいです。
地方によっては、帯かけ餅と呼ばれる紅白のお餅や赤飯を親戚に配ったりする所もあるそうです。
土地の習慣は両親に教えてもらうのが確実です。

お祝いを贈る時は?

身内で行うお祝いなので、親戚やごく親しい間柄ならお祝いをあげても差し支えありません。
もし相手が安産祈願をしない予定でしたら、おはらいをしてもらった腹帯・お守りなどを贈っても喜ばれます。
一般的にはこれから使うマタニティグッズギフトカード現金などです。
【表書き】
・御帯料・御帯祝・御祝
【水引】
・紅白の蝶結び
【金額】
・3000円~5000円
・親は1万円

帯祝いの参考になれば、嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。