食費を節約できていますか?食費を減らすスキル!7つのルール教えます。

生活費毎回切り詰めてるつもりだけど、結果いつもと変わらないって事ありませんか?
生活費の中で一番切り詰めやすいのが、食費です。
毎日の事ですから、上手な節約の仕方を身につければ、一生モノのスキルですよね〜(^^)

今回食費を抑える為のルールをお伝えします。




食費を抑える為のルール


まず、1ヶ月の予算を設定しましょう。




①食費は5週間に分けて管理する。

月の食費を5週分に分けましょう。
給料日直後の使いすぎを防止します。
食費が少ない時期があるとストレスがたまり、節約ができません。
余った分は、米や調味料の購入用にしましょう。
これから、食費専用の財布に1週間分ずつ入れると余計な出費を防止できます。

②冷蔵庫の中の物を把握する。

冷蔵庫の中身を定期的に見て把握しましょう。
中にある物を頭に入れ献立を考えると使い忘れが減ります。
コンビニに頼らず、食材の組み合わせや調理法を工夫し、食材を使い切りましょう。
入れっぱなし、賞味期限切れは厳禁です!

③空腹時を避け、ひとりで買い物をしましょう。

お腹が空いている時の買い物は、必要以上の物を買ってしまいがちです。また、誰かと一緒に買い物に行くと、ついつい余計な物を買ってしまう事が多いので、買い物は出来るだけひとりで行くのがオススメです。

④食材は必要な物を安値で買う。


買い物に行く前に、まず必要な食材を把握すること、必要な食材の中で、安いものを選びましょう。
とにかく安いものを買っておくのは、食費節約の上級者テクです。
慣れないうちは、使い回しが出来ずに食べ切れなくなりがちなので気を付けて下さい。

⑤レシピは野菜と乾物でカサ増し!

野菜と乾物は、安いのにボリュームが出て、保存もきく節約料理の強い味方です。
毎日のレシピに多用しよう。
ヘルシーな食材なので、お腹がいっぱいになってもカロリーは控えめです。
野菜にはビタミンや食物繊維もたくさん含まれるので体にも良いです(^^)

⑥レシピサイトを利用して食材を使い回す!


食材すべてが適量で使える訳ではありません。
余った分は、小分けにして冷蔵・冷凍保存し、最後まで使い切りましょう。
レシピサイトを検索すると味に変化をつければ、同じ食材も飽きずに食べられます。

⑦炭水化物を常時確保する。

炭水化物があれば、あり合せのもので自炊できます。
冷凍ご飯、パスタ、うどんは常備
パスタにプライベートブランドの100円ソースを絡めるなど、いざという時のお手軽レシピを確保し、自然に外食の頻度が低くなります

最後に♪


まずは、取り入れやすそうな物を選んで今日から実践してみて下さい
私も共働きの時は、大人2人で月約8万円の食費でした( ̄∀ ̄)
贅沢をしている訳でもないのに、8万円高いです。
買いすぎて、賞味期限切れで捨ててしまう事もありました。
あと、コンビニを良く利用していました。
今は、週一回の買い物にし、ぐっと食費をおさえられる様になりました。
食費を抑えたい方、食費節約上手への一歩踏み出しましょう〜。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。