スポンサーリンク

「NISA」(ニーサ)・「ジュニアNISA」とは?「NISA」は確定申告って必要??NISA口座の開設の流れについて


「NISA」(ニーサ)って耳にするけど、何なの?という方にNISAとは?をご説明します(^^♪




「NISA」とは?

「NISA」(ニーサ)とは「小額投資非課税制度」の事を言います。
「NISA」は2014年1月からスタートした制度で日本在住で20歳以上の人が利用できます。
「NISA」の人気の秘密は株式や投資信託の購入が毎年120万円までなら、儲けに対する税金がゼロになるんです!!!

日本は、投資で得た収益を受け取る際、税金を支払う義務が発生します。
2014年1月からは上場株式や投資信託を売買して得た利益を受け取った配当金、分配金などに対して20.315%の所得税が課せられます(^^)
例えば
120万円の株式を購入し140万円で売却して20万円の利益を得たとします。
このうちの約20%にあたる約4万円を税金として支払わなければならないのです。

しかし、「NISA」を利用すると
・NISA口座で得た利益や受け取った配当金、分配金は5年間非課税、つまり税金はタダになります!
・非課税となる投資枠は毎年120万円までの「小額投資」です。

「NISA」はすぐに始められるの?

証券会社で「NISA」を始めるにはNISA口座と一緒に証券口座を開設する必要があります。
「NISA」口座で投資をして特典を得るには、証券会社や銀行などで2つの口座を開設すつ必要があります。
※金融機関によって手数料や商品内容が違うので、金融機関を選ぶ際は、手数料の安さと自分の投資スタイルに合ったサービスが受けられる所を選びましょう。

まず最初に開設する口座は?

①証券会社であれば証券総合口座
②銀行・信託銀行であれば投資信託口座です。
これらの口座を開設した後に「NISA口座」を開設します(^^♪
もちろん手続きは同時に行う事ができます。
すでに証券口座や投資信託口座をお持ちの方はNISA口座だけ開設すればいいだけです!

「NISA口座」の開設可能期間は?

「NISA口座」の開設可能期間は2014年から2023年までの10年間とされています。
開設した口座は5年間の利用が可能ですので運用自体は2027年までとなります。
(ただし、ゆくゆく期間が延びたりする可能性もあります。)

「NISA」は確定申告の必要がない。

株式で儲けた時には利益に対して税金がかかります。
①売買によって得た利益にかかる→譲渡益課税
②配当金を受け取った時にかかる→配当課税
また、投資信託で分配金を受け取った時も購入時の基準価格を上回る分課税されます。

しかし、「NISA」では面倒な確定申告がありません。
何故かというと、それはNISA口座での譲渡所得、配当所得はそもそも非課税だからです(^^)/
NISAだからのメリットですね~!!

「NISA」で買える商品は?

「NISA」で非課税の対象となる金融商品
・公募株式投資信託
・国内株
・外国株
・国内ETF
・海外ETF
・ETN(上場投資証券)
・国内REIT
・海外REIT(J-REIT)
・新株予約権付社債
・ワラント債
「NISA」で非課税の対象とならない金融商品
・非上場株式
・預貯金
・債券
・公社債投資信託
・MMF・MRF
・上場株価指数先物
・FX
・金・プラチナ
・eワラトン

「NISA」では株式については現物株のみが対象になります。
また、投資信託でも株式を組み入れず国債や社債などで運用する「公社債投資信託」は対象外ですが、株式を組み込んだ「バランス型投資信託」が対象に含まれます。

「バランス型投資信託」とは?

手間いらずのお任せタイプの「バランス型投資信託」。
株式だけだとか、債券だけといった様に、運用する資産をひとつに偏る事なく、1本で複数の資産へバランスよく投資する投資信託の事です。



うっかり手続きをあやまると課税されてしまう??

「NISA」口座では、上場株式の配当金や投資信託などの分配金は非課税となります。
しかし、株式の配当金に関しては特別な手続きが必要です(^^)/
NISA口座を開設し証券会社で配当金を受け取る「株式数比例配分方式」を選択する所定の手続きが必要です。
この手続きをうっかり忘れてしまうと、配当金を受け取る時に約20%の税金が課税されます

配当金の受け取り方法として、ゆうちょ銀行や郵便局で受け取る「配当金領収証方式」、指定の銀行口座で受け取る「登録配当金受領口座方式、個別銘柄指定方式」を選ぶと課税されますので気を付けて下さい。

ネット証券会社などオンラインで手続きが完了してしまう場合は特に注意が必要です!
非課税での配当金の受け取り方について、もし分からなかったら窓口オペレーターに聞いた方がよさそうですね(^ω^)

NISA口座を開設するまでの流れ!

①金融機関からNISA口座開設書類を入手(証券会社・銀行など)
申し込みの前なので、複数の金融機関から取り寄せをし比較検討の材料にしても大丈夫です。
※実際にNISAを取り扱っているか、どのような金融商品を取り扱っているのか手数料など金融機関によってまちまちですのでホームページなどで事前に確かめる事がオススメです。

②金融機関に書類を提出

・NISA口座開設申込書
・非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届出書
(金融機関から届いたNISA口座開設書類に含まれています。)
・住民票の写し
・マイナンバー通知届出書

③金融機関が税務署にNISA口座開設申請
税務署が申請をチェック・確認

④金融機関から申請結果の連絡

⑤NISA口座開設完了

⑥NISA口座での取引開始
※金融機関を選ぶ時は、金融機関ごとに品揃え商品に違いがあります。
NISA口座の申し込みは1人1社のみです。

教育資金の嬉しいバックアップ「ジュニアNISA」とは?


子育てするには、すごいお金がかかりますよね?
教育費用を捻出するのに最適な、お子さんの名義で運用する「ジュニアNISA」があります。
「NISA」の資格者は国内に在住の20歳以上の人です。
「ジュニアNISA」は未成年者でも「NISA」同様に小額投資非課税口座を所有する事ができます。
口座内の売買できる金融機関や利用期間についてはNISAと同じです。
NISAとの違いは、「運用管理」についてです。
ジュニアNISAの運用管理は名義人の親権者または親権者が指定した名義人から二親等以内に限られます。

「ジュニアNISA」のポイント

・対象年齢
0歳~19歳の国内在住
・年間上限額
80万円
(5年間で最高400万円の投資が可能)
・管理・運用者
親権者
(もしくは親権者が認めた祖父母など二親等が代理)
払い出し
18歳まで不可

お子さんの大学費用などの養育費をつくるなら、ジュニアNISAがおすすめですね。
祖父母からの生前贈与してもらった80万円を教育資金として両親が大切に運用するのもいいですね(^^)/

※生前贈与
生きているうちに財産を分ける事。
年間110万までなら贈与税は発生しない為、節税対策としてもいいです。

まとめ


NISAは小額から投資が出来て、一番の魅力が非課税と言う所ですね(^^♪
投資を始める初心者の方はオススメの商品ですよね?
私も投資初心者で「NISA」を始めようと勉強中です。
自分の自由なお金の中で小額で「NISA」を始める予定でしたが、今専業主婦なので、働き始めたら「NISA」をスタートする予定です!!
今回大まかですが、皆さんの参考になれば嬉しいです☺

☆よかったら、「ポチッ」と押して下さい☆


にほんブログ村

育児ランキング



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。