スポンサーリンク

スイマーバいつから使えるの?事故を起こさない為の注意点は?メリットをご紹介


『スイマーバ』ってご存知ですか?
赤ちゃんを育てているママなら、一度は耳にしたことがあるかもしれませね!(^^)!
赤ちゃんから使える首につける浮輪の様な物です。
スイマーバーを付けてお風呂の中でプカプカと浮いている赤ちゃんを見ると、思わず可愛くて微笑んでしまいます(*^-^*)
しっかり注意点を守り、赤ちゃんとのお風呂を楽しみましょう~!
今回はそんな『スイマーバ』をご紹介します!!!




スイマーバとは?

スイマーバは18か月、かつ11kgまでの赤ちゃんに使える、首に付けるうきわ型のスポーツ知育用具です。
2005年英国で発売以来、世界中で50万人の赤ちゃんがスイマーバを使って「プレスイミング」を体験しています。

「プレイスイミング」ってどんな効果があるの?

水で皮膚の感覚を刺激、肌と肌が触れ合う事により赤ちゃんの五感を促進する効果があります。

水で皮膚感覚を刺激し、肌と肌が触れ合うことで、赤ちゃんの脳と体は鍛えられ、発達していくからです。
赤ちゃんは、まだ視力も未熟なときから、手で物に触れ、全身の皮膚でたくさんの刺激を受けて学習します。
皮膚感覚の1つである触覚の発達は、胎児のときから既に始まっているといわれています。赤ちゃんの手を握ると握り返したり、頬に触れるとそちらに顔を向けたりするのは、最も早い時期に現れる反応です。
そういった皮膚感覚の刺激によって、大脳皮質のニューロンが活発に働き、シナプスができ、ネットワークがつくられて、知能が発達していくのです。



いつからいつまで使用できるの?

うきわの上側にあごが乗るようになってから、生後18ヶ月かつ11kgまでのお子さまが対象です。
・生後6か月までの赤ちゃん
大人2人が付き添い、スイマーバの装着をしましょう。
・生後6か月以降の赤ちゃん(お座りができる赤ちゃん)
大人一人でスイマーバを装着できます。

スイマーバのメリット

1.赤ちゃんの発達を促す

水中でのバランス感覚や心身共に感覚を刺激する事で好奇心を促すことにつながります!

2.全身運動

水中で手足をバタバタさせ自由に動ける♪
程よく体をほぐれ快眠・リラックス効果があります。
※効果には個人差があります。

3.水への抵抗感がなくなる

小さいころから水に慣れる事で水への抵抗感や恐怖感がなくなると言われています。
※効果には個人差があります。

4.水にぷかぷか浮かぶ赤ちゃんの姿が可愛い(*^-^*)

赤ちゃんがお風呂でぷかぷか浮かぶ姿が何とも言えない可愛さです!!
限られた時間しか見れない、かわいい我が子の姿を味わって下さい♪

5.親子のコミュニケーションタイム

パパ・ママといっしょに水の中で触れ合う事で親子のコミュニケーションを促す事ができます。

水に浮かぶと赤ちゃんはご機嫌?

ママのお腹の中にいた頃の羊水に浮かんでいた事を思い出す。

赤ちゃんは、ママのお腹にいる時は羊水に浮かんでいます。
生まれたばかりの赤ちゃんはまだその記憶をもっており、お水への抵抗もそんなにありません。
お水の中に浮かばせると、ママのお腹にいた頃を思い出し、安心すると言われています。

赤ちゃんがぐっすり眠れるって本当?

水の中は全身運動な為、快眠を促してくれます。

※個人差があります。
大人でも日中たくさんの運動をすると、その日の夜はぐっすり眠れる。
そんな記憶はありませんか?
スイマーバは赤ちゃんが自然に全身運動することができるので、「起きる→活動→睡眠」の生活リズムを整える効果があるといわれています。



使用注意点

注意①

スイマーバをご使用中は、赤ちゃんから決して目を離さないようにしましょう。
うきわ首リングはうきわ型のスポーツ知育用具です。
乳幼児がひとりで遊ぶことを想定したものではありません。

ママ・パパは、使用中は赤ちゃんから決して目を離さず、手の届く状態でご使用ください。
そして異変に対して即時に対応してください。

注意②

スイマーバは赤ちゃんを待たせておくアイテムではありません。
スイマーバはご家庭で簡単に赤ちゃんにプレスイミングを体験させることができるアイテムです。
手で水をつかむ感覚、浮いている感覚を通して水に親しむことが目的です。

注意③

赤ちゃんの機嫌のいい時に始めましょう。
食後は避けて、お昼寝、お休み前の決まった時間に使用しましょう。
眠そうな時は時間を使用はやめてください。

注意④

空気漏れなど本品に異常がないか安全を確かめてから使用してください。
空気栓は確実に閉めてください。
念のため水につけて穴が開いていないか確かめて使用してください。

注意⑤

適切な水深で使用してください。
ベビーが足を伸ばしてちょうど底に着く程度の水深で使用してください。
・深い水深では、お子様の首が締め付けられるといった危険があります。
・浅い水深では、お子様の転倒、溺水の危険があります。

注意⑥

救命用具として使用しないでください。

注意⑦

生後18ヶ月かつ体重11kgまでのお子様専用です。
スイマーバにあごがのってから使用してください。

商品内容

デザイン:イギリス
生産:中国

対象年齢

生後18ヶ月かつ11kgまで
※スイマーバにあごがのるようになってからご使用ください。

サイズ

全体:約直径40cm
首周り:約直径9cm
首周り内径:約29cm
※スイマーバレギュラーサイズとなります。

重量

290g

材質

PVCプラスチック




詳しくは画像をクリックして下さい。

まとめ

『スイマーバ』を付けてぷかぷか浮いている赤ちゃんはとってもカワイイですよね?
可愛いだけでなく、赤ちゃんの発達や快眠を促す効果などもメリットもあります。

実際使用してみて、安全に気を付けて使用すればいい商品だな~と思いました。

我が家も当時なかなか寝てくれなく、スイマーバを試したら寝てくれました(^^)
個人差はあると思いますが、なかなか寝てくれなくて困っているママは一度試してもいいかもしれませんね~♪

しっかり、注意点を守り事故のないようにし、赤ちゃんとの大切なコミュニケーションの時間を過ごしましょう~この時間を通して、信頼感や絆を深めてください(^^♪

にほんブログ村

ベビー用品・育児グッズランキング



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    はじめまして、葵と申します。
    ブログランキングから訪問させていただきました。
    スイマーバは次の子に使いたいと思っていたので
    参考になりました。
    また訪問させていただきます。

    • moomama120 より:

      葵さん
      コメントありがとうございます。
      スイマーバを付けてプカプカ浮いている赤ちゃんの姿は本当に可愛いです(^^♪
      参考になれて嬉しいです。
      ブログを読んで頂きありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。