ベビーマッサージを体験してきました!!!ベビーマッサージはいつからできるの?効果は?注意点教えます!

image
親子のスキンシップとして、今「ベビーマッサージ」が注目されています。

私も2回ベビーマッサージを受けに行きましたが、ママ達に人気がありました〜(^^)
今回は「ベビーマッサージ」を体験した事を書きます




 ベビーマッサージとは


ベビーマッサージとは、赤ちゃんに優しく触れてマッサージをすることです。


肌と肌で触れ合う親子のスキンシップの一つとして、近年注目されています。
マッサージによるスキンシップは、循環器、消化器、排泄器ばかりではなく、神経系や免疫系の成長を促進します。

ベビーマッサージは赤ちゃんの心と体の発達を促し、健康で情緒豊かな、頭の良い子どもに成長する基礎を築いてくれます。


またママ自身も、赤ちゃんに寄り添って反応や気持ちを感じ取ることで、赤ちゃんに対する愛情が深まるというメリットもあります。

ベビーマッサージの効果って何?

・親子の絆を深めます。
・夜泣きがなくなります。
・赤ちゃんの発育が良くなります。
・抵抗力、免疫力が高まります。
・消化機能が高まります。
・赤ちゃんの呼吸が深まります。
・赤ちゃんの運動機能が高まります。
・育児に自信とゆとりをもたらします。
・オキシトシン(愛情ホルモン)ママの情緒を安定させてくれます。
・ママのストレスも緩和されます。

たくさんの効果がありますね〜(^^)

 ベビーマッサージいつから出来るの?

ベビーマッサージをはじめる時期に決まりはありません。


ベビーマッサージ教室や助産院によって「生後すぐから」「生後2週間以降から」「生後2~3ヶ月頃から」など様々です。


赤ちゃんの様子を観察しながら、赤ちゃんもママも無理のない時期からはじめてみましょう。

 ベビーマッサージをするための注意点は?

・腕時計やアクセサリーは外しましょう。
・化粧や香水は控えめにしましょう。
・爪を切り手を清潔にしましょう。
・喧嘩の後やイライラする時はやらないで下さい。
・手を温めてからやりましょう。

 マッサージをしてはならない時ってどんな時?

・伝染性の病院の時
・熱がある時
・授乳や食事後
・予防接種直後
・外傷がある時
・脱臼や骨折をしてる時
・重傷のアトピー

必要な物ってなに?

・マッサージオイル
赤ちゃんの肌のすべりを良くし、保湿効果もあります。
※赤ちゃんの肌は敏感なので、100%オイルを使いましょう。

・バスタオル
赤ちゃんを寝かせる時に敷きます。


空間づくりは、どうするの?

・ベビーマッサージは静かな場所でやりましょう。
赤ちゃんもママも集中でき、リラックスしてできます。

・室温を25度を目安にしましょう。
ベビーマッサージは赤ちゃんを裸にして行うので、赤ちゃんが快適に過ごしやすい空間を作りましょう。

最後に♪


ベビーマッサージは、色々と赤ちゃんとママにとって良い事尽くしですね~!!

ベビーマッサージを行う時は、初めはしっかり講師の方に教わりながら、注意点に気を付けてマッサージをするのがオススメです。


マッサージ後は赤ちゃんの新陳代謝が上がるので、赤ちゃんにおっぱいやミルク・白湯などの水分を与えましょう。


ベビーマッサージは、ママと赤ちゃんの絆を深める大切なコミュニケーションの一つです。
ママも赤ちゃんも、無理のない範囲で楽しみながら行いましょう。

ベビーマッサージ、気になる方は一度試して下さい~!
最後まで読んで頂きありがとうございます(^^)/



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子育て情報ランキング




スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。